また会う日まで

40代半ばで夫と死別。人生についての気づきを感じるままに。

家族

一周忌のことを考える

10回目の月命日が過ぎました。 街は早々に師走モードです。 師走と聞いて思い出したのが 一周忌法要の依頼をすること。 早いのか遅いのか分かりませんが、 思い立ったのでお坊さんに連絡しました。 予定を組んでいただき、折り返しのお返事待ちです。 何とな…

持ち去られた手帳

新盆を目前に控えて準備を進めるなか 思い出してしまったこと。 当初から引っかかっていたのですが、 無理やり心にしまいこんでいました。 亡き夫の遺品を整理していた時に 持ち去られた手帳のことです。 夫が亡くなってまだ日が浅いころ 『知人から預かって…

お見舞い行脚の日曜日

明日できることは 今日はしない主義でした。 夫を亡くした今は違います。 もし、明日の朝 目覚めなかったとしても 悔いのない今日1日を。 そう決めて、日々を送ることにしました。 今日は日曜日。 繁華街はファミリーやカップルで溢れていました。 街の一角…