読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

また会う日まで

40代半ばで夫と死別。人生についての気づきを感じるままに。

道しるべな人々 ひとりで生きること

何の覚悟もないうちに、 突然夫を亡くし、ひとりになりました。 いきなり別世界に放り出されて、 真っ暗闇を手探りで進むような 心細く、不安定な日々でした。 そんななかでも新たな出会いや、 以前から縁があって、改めて深まる仲など 温かい交流に恵まれる…

初秋の決意

朝晩涼しくなり、 昨夜は寒いほどで 薄い夏の掛け布団が頼りなく思えたほどです。 夫のいない春と夏が過ぎ、 またひとつ季節が変わろうとしています。 夏の終わりに決めたこと それは大学(通信制)への復学です。 (夫が他界した直後に休学していました) 夫と…