読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

また会う日まで

40代半ばで夫と死別。人生についての気づきを感じるままに。

日々移ろいゆく

夫を突然死という形で亡くしてから

空中にポーンと投げ出されたような

そしてそのまま宙に浮いたように

今日まで生きてきました。

 

いまだに家の中で夫の面影を探してしまいます。

いつも座っていたダイニングの椅子

食後に寝転んでいたソファ

 

玄関で猫がジーッと扉の向こうの気配を

監視している姿は

まるで夫の帰りを待っているかのように見えて

目が潤みます。

 

暑い1日でした。

エアコンを入れて

冷たいコーヒーを飲みながら

気がつきました。

 

もう夏になっている。

 

汗っかきの夫が日に何枚も使うタオルを洗濯をしていたことや

エアコンの設定温度で喧嘩したりしたことを

今、しんみりと思い出しています。

 

夫が亡くなった次の朝、

窓から見上げたのは

小さな梅のつぼみでした。

今、その木は葉が生い茂っています。

 

あたり前の日常は

灯っていた火が消えるように

無くなりました。

 

季節の移ろいとともに

私の感情も変わっていくのでしょうか。

正しい方向へ夫が導いてくれますように。

 

  

↓ランキング参加中です。押してもらえると嬉しいです。


人気ブログランキングへ

↓こちらもお願いです。


生き方 ブログランキングへ


死別 ブログランキングへ


日記・雑談(40歳代) ブログランキングへ

ありがとうございます。