読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

また会う日まで

40代半ばで夫と死別。人生についての気づきを感じるままに。

カミングアウトは自分のためだけではない

新しい感情 日常

夫が亡くなったことを

人伝てに聞いて知っているのに、

私自身が言わないので

歯がゆく思っている人がいることに気がつきました。

 

隠すつもりはなかったのですが

まだその時期ではない、と思っていました。

 

先日会う機会があって、

報告が遅くなったお詫びも含め、

その人たちに打ち明けました。

 

正直な人たちなのでしょう、

初めて聞いたような顔ができずに

伏し目がちに顔を見合わせていらっしゃいましたが、

その中のおひとりに

『突然だったと伺っています。以前からご病気だったんですか?』

と、訊かれたのをきっかけに

今に至るまでの状況をかいつまんで話しました。

 

病気らしい病気はなくて

突然意識を失って救急車を呼んだこと、

ふたりで経営していた会社を休業していること、

そして私の今の生活ぶりや今後のことなど。

 

まるで人ごとのように話す自分がいました。

笑顔で話せるようになるには

やはり時間が必要だったようです。

 

今回、ドライなお付き合いのなかにも

さりげない思いやりが隠されていることに

気付かされ、感激しました。

 

また、情報として共有することで

『死別は特別なことではない、

あの人でもああやって生きてるじゃないか』

『大丈夫、乗り越えられる』

と、ツライときの励みになれば幸いに思います。

私もそうだったように。

  

 

↓ランキング参加中です。押してもらえると嬉しいです。


人気ブログランキングへ

↓こちらもお願いです。


生き方 ブログランキングへ


死別 ブログランキングへ


日記・雑談(40歳代) ブログランキングへ

ありがとうございます。