また会う日まで

40代半ばで夫と死別。人生についての気づきを感じるままに。

自己観察記

今回、下書きに保存していた記事をアップすることにしました。

夫の三回忌を終えた頃の私の心模様です。

*タイトルは「早く幸せになりたい」という「早く人間になりた~い」の妖怪人間ベムベラベロ(知ってますか?)のようなものでしたので変えました。

 

~~~

いつまでも過去にしがみついて嘆くことが

果たして自分にとって幸せなのだろうか、と考えますと

どうも違う気がします。

また、そうしていることが周囲に善い影響を与えるだろうか、

と考えますと、いや違うだろう、と思います。

 

そして、ときどき周りの人を幸せにすると自分も幸せになる、とか

幸せが帰ってくる、というようなことを見聞きしますが

これにはちょっと賛同しかねます。なんだか恩着せがましく感じますし、

第一に他人が不幸であることが前提になっていて、失礼な話です。

人をみくびっていませんか。

 

自分が幸せではないのに、他人を幸せにできるのでしょうか。

余計なお世話を焼く前に、まずとことん自分が幸せ者になるべきだと思います。

 

単純にわかりやすく、客観的に考えてみますと、

仕事にも家庭にも恵まれ成功している人は他の人の目標に成り得ますが、

悲嘆にくれる人は哀れまれはしても目標になりません。

むしろ距離を置きたい、目障りな人です。

 

嫉妬されたり、利己的だと意見を言われるかもしれないけれど、

周りを気にせずさっさと幸せになったほうが

結果、他人にとっても幸せである、と思うのです。

それをやっかんだり面白く思わないのはその人の心の問題でしょう。

放っておけばいいんです。人の心は多様ですから、分かり合えない人は大勢いると考えれば気にならなくなります。

 

過去には戻れないし、未来のことはわからない。

瞬間瞬間を大事に私は自身を幸せにしていくことに邁進します。

 ~~~

 

誰かに何か言われたんでしょうかね。少し批判的でヤな感じです。

このころは周りに対してナーバスになっていたのかも。

概ね方針は変わりませんが、人の喜びを一緒に喜べる、そんなひとに私はなりたい。

これは現在の心境です。

 

 

↓ランキング参加中です。押してもらえると励みになります。


人気ブログランキングへ

↓こちらもお願いです。


生き方 ブログランキングへ


日記・雑談(40歳代) ブログランキングへ

ありがとうございます。

 

夏から秋へ

夏のように暑くなった今日は朝早くから洗濯や掃除をして、ひと汗かいたのでお昼前にシャワーを浴び、家でのひとりランチにグラタンを作り食べ終えて、淹れたてのコーヒーを飲みながらこのブログを記しています。

 

前回の更新からまたひとつ季節が移ろいました。

 

今年の夏はひたすら勉強に打ち込み、試験も無事に終わったので歯のクリーニングに行ったり、お盆明けには友人と海辺のお洒落なレストランで会食したり、観劇したり、充実の時を過ごしました。

 

それらを打ち消すかのように訪れる哀しみのときを、感の鈍い私は予知することができませんでした。

先月の初めに義兄が約2年半の闘病に幕を閉じたのです。

ottotosibetsu.hatenablog.com

 

どんなに覚悟をしていても別れは突然訪れるのが世の決まりごとのようです。

通夜も告別式も大雨で、こじつけですが義兄の無念の涙のように感じました。

柩にお花を入れるお別れの儀式では「お疲れさまでした。向こうでは○○(夫)が待っているから安心してください」と心の中で言いました。

 

 今ごろは仲良く思い出話しでもしているでしょうか。

秋晴れの空にふたりの顔を思い浮かべて「待っててね」とつぶやき、過ぎていく時に身を委ねる私です。

 

  

↓ランキング参加中です。押してもらえると励みになります。


人気ブログランキングへ

↓こちらもお願いです。


生き方 ブログランキングへ


日記・雑談(40歳代) ブログランキングへ

ありがとうございます。

 

死別でぽっかり空いたこころの穴は

いまだに救急車のサイレンを聞くと胸がギュッとなります。

2年半近く経った今でもあの朝のことが蘇えり思わず目を伏せてしまいます。

ottotosibetsu.hatenablog.com

なんとか今日までやってこれたのは自分の努力はもとより周りの支えがあったからこそ、と感謝してやみません。

あからさまに同情を寄せるのではない、さりげない寄り添いがどんなに嬉しかったことでしょう。あらためて人との繋がりは大切だと思っています。

離れていった人もいますがそれはそれです。細胞が入れ替わるように人との関わりも新陳代謝するのでしょう。

 

ところで、今朝ほど見つけた記事は 村上春樹さんの読者から来た相談に対する応えが素敵でした。3年ほど前にパートナーを亡くされた中瀬ゆかりさんのコラムです。

私はこの記事の最後の言葉に深く共感しました。

『いまの自分にできることは、この空洞のなかに、たくさんの経験や素晴らしい物語を投げ入れていって違うかたちにすることなのだ。それをもし伝えていくことができるのなら、愛する者の不在に苦しむ方の小さな灯になるかもしれない。』

中瀬ゆかり「愛する家族を亡くし、辛い人にぜひ、読んでほしい村上春樹さんの言葉」 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

 

夫を亡くしたばかりの頃の私は早く立ち直りたい一心で右往左往していたように思います。何かしていないとどんどん落ち込んでしまいそうで怖かったのです。

中瀬さんが記されているように私も映画を観たり、本を読んだり、人と会って話すことに没頭してひたすら時間を埋めていました。そしてそれは現在も進行形ですが当初とは違ったおもむきに変化しているように感じます。良い意味で、です。

辛くて哀しい日々は決して無駄な時間ではなかった!そう言い切るには早いのかも知れませんが、毎朝生まれ変わった気持ちで生きるこの頃です。

 

 ↓ランキング参加中です。押してもらえると励みになります。


人気ブログランキングへ

↓こちらもお願いです。


生き方 ブログランキングへ


日記・雑談(40歳代) ブログランキングへ

ありがとうございます。

 

眠れぬ夜

夏至の午後。3ヶ月ぶりの更新です。

またたくまに季節が過ぎて、梅雨になっていました。

 

大学のレポートもひと通り終わってホッとひと息。

曇り空の下でも心は晴れ晴れしています。

おかげさまで元気です。

 

先月の半ば過ぎにTVのニュース速報で

西城秀樹さんが亡くなったことを知ってから

ヒデキの虜になってしまいました。

 

ヒデキが人気絶頂の当時、

まだ子供だった私は全く興味がなくて

知っている歌はYOUNG MANくらいでしたが

ここひと月で何でも歌えるくらい聞いています。

 

YouTubeで新しい動画がUPされていないかチェックするのが日課になりました。

会う人会う人にヒデキヒデキ言っているので少々引かれ気味です。

 

現実の恋愛はいろいろ面倒なので

亡くなった人を相手にときめいているのです。

夫への想いを重ねるようにヒデキLOVEな今日この頃。

夢中で観ているとあっという間に夜中になってしまっている

そんな眠れぬ夜はまだしばらく続きそうです。

 

どの歌も素敵ですけれど『ブルースカイブルー』が心にしみます。 

 

↓ランキング参加中です。押してもらえると励みになります。


人気ブログランキングへ

↓こちらもお願いです。


生き方 ブログランキングへ


日記・雑談(40歳代) ブログランキングへ

ありがとうございます。

 

ある死別ブログからの学び

夫が亡くなって半年後に、私はある決意のもとに通信制の大学で勉強を始めることにしました。さびついた脳みそは思うようには働いてくれませんが、若いころとは違って楽しみながら勉強できることに喜びを感じています。

資格と卒業を同時に取得したいという欲張りな計画のため今年は正念場です。

特に来月からの新学期はクライマックスとなります。己を奮い立たせるべく人参(ご褒美)を考えていますが、欲しいものも行きたいところも特にないのでどうしましょう!

これが私の喫緊の課題です。

 

さて、学びと言っては大げさですが、人の悪口(悪口とまで言わないまでも良く思わない、でも気になる、ということも含め)を言うという行為は、相手に自分を投影しているからだ、ということに気がつきました。以前から薄々気がついてはいましたが最近になって確信に変わりました。

つまり、憎たらしい人は自分に似ているのです。

 

それに気がついたのはある死別ブログを久しぶりに拝見して、なんとも思わなくなったからです。

以前はその方のブログを読むたびにイライラしていました。何年も同じことをメソメソと繰り返し語る内容が腹立たしくて忌々しくて、それでいてランキングのトップにいるという状況が理解できませんでした。おそらくこういった感情を抱くのはは私だけではないと思います。

 

今では存在自体が気にならないので何とも言いようがないのですが、それでも(そのカテゴリーのなかで)なくてはならない方なのではと感じています。ある意味強い人なのでしょう。

そして、ご自身のグリーフワークを兼ねて同じ境遇の方に向けてボランティア活動をしていらっしゃるのだな、と勝手に解釈し、タブの×(バツ)をクリックしました。

 

とはいえ、私自身のグリーフも終わったわけではなくまだ途上ですから、今後も気持ちの揺れ戻しはあると想定し、焦らずにやっていきたいと思います。

そして、『どうでもいいこと』というカテゴリーをひっそりと追加しました。

 

↓ランキング参加中です。押してもらえると励みになります。


人気ブログランキングへ

↓こちらもお願いです。


生き方 ブログランキングへ

日記・雑談(40歳代) ブログランキングへ

ありがとうございます。 

 

死別に限ったことではない喪失 悲哀のプロセスについての考察

新たに『読書』のカテゴリーを設けました。

カテゴリーをつくるほどそうたいして読んでいませんけども、これからの励みになるでしょう、という自分への期待と追い込みです。

来月からまた大学の勉強が始まりますのでその前のつかの間にイッキ読みしました。

対象喪失ー悲しむということ』

対象喪失―悲しむということ (中公新書 (557))

対象喪失―悲しむということ (中公新書 (557))

 

現在の私は、三回忌を終えて死別直後よりだいぶ自身を俯瞰できるようになった気がしていましたが、勘違いしているところもあったのだな、とこの本によってあらためて確認することができ、また、人間の感情の普遍的な心理についての理解を深めるきっかけとなりました。

だいぶ前に出版された書籍ですが、古さを感じません。

 

その中の亡くなった人との葛藤はチャラにされて美化されていまうことについて印象に残った部分を記録しておきます。

 

第二章 悲哀の心理過程 

P64 

夫の愛人問題で苦しめられ何度か離婚を決意するほどの状況に置かれ、夫との争いの耐えなかったA夫人は、夫を肺ガンで失った。ところがひとたび夫がガンとわかり、生死の境をさまよう苦痛に満ちた状態に陥るや、献身的看護者になった。そしてその死後は、夫との間がそのように破綻する以前の幸福感に満ちた時代の魅力的な夫像(イメージ)だけが心によみがえった。すでに一周忌が過ぎた後にも、彼女は再婚する気持ちにならないという。そして彼女は言う。『世間には、死んだ夫と結婚しろという言葉があるそうですね』その意味は、死別した夫については、その死によって夫に対する不満や憎しみが消え、生前の良い記憶と、よい対象像だけが心に残るからだという。そして夫のイメージは、実際にそうであった以上に、美化される傾向がある。

 これには納得です。夫が存命中にいろいろあったこと(嫌だったことなど)を思い出しました。それを帳消しにする漂白剤のような死別パワー。強力です。

しばらく私の内側で誰よりも1番、ほぼ神、と『どんだけ~?』なほどに美化されていく夫がいましたが今では『それほどでもないな』といった感じです。

 

 また、ここ最近の私の義理の兄に対する感情については、まさに対象の置き換えに当てはまるものだったのだろうと思われます。

ottotosibetsu.hatenablog.com

 

さらに興味深い一節がありました。

 

第五章 『悲哀の仕事』の課題と病理

P192

『投影同一視による悲哀の仕事』は、自分と同じような対象喪失を経験している人物を見いだし、その人物の悲哀と自らの悲哀を同一視し、相手の悲哀を助けることを通して自らの悲哀の仕事を達成していく。

死別のカテゴリーでブログを記したり、それに反応するのはこれに似ている気がします。

 

 この本でいう対象喪失とは近親者の死や失恋をはじめとする、愛情・依存の対象の死や離別、そして親離れ、子離れ、結婚や転勤に伴う環境の変化やアイデンティティの喪失、自己の所有物の喪失、身体的自己の喪失など広く含まれています。

 私自身は、当時(夫との死別直後)は夢中で気がつかなかった無意識の行動、思考、喪の作業のあいだの気分の移ろいを振り返り、そういうことだったのか!と、思い当たることが多かったです。 

精神科医精神分析家でもある著者ですので少々フロイト色が強めな気がしますが、死別の場合は一周忌を済ませたあたり、少し気持ちが落ち着いたころに読むとよいと思います。

グリーフワーク(悲嘆からの回復)は人それぞれでしょうけれどこじらせると厄介です。

絶望の日々が大好きでそのほうが居心地が良いなら別ですけれど。

 

それにしても人間は生きているかぎり獲得と喪失を繰り返し経験していくのですね。

喪失に対する悲哀は複雑な感情を持つ生き物として死ぬまで続く試練なのでしょう。

何度か転ぶうちに起き上がり方を工夫することが出来てくるのかも知れません。

 

↓ランキング参加中です。押してもらえると励みになります。


人気ブログランキングへ

↓こちらもお願いです。


生き方 ブログランキングへ

日記・雑談(40歳代) ブログランキングへ

ありがとうございます。

  

愛しい君に捧ぐ

日曜の午後。

TVでラブソング特集をしているのを聴き流しながら本を読んでいます。

今日はたくさんの人が亡くなった命日。

この曲が耳とこころに残りました。 

私に出来ることは忘れないこと。

ハナミズキ 一青窈

 

 

↓ランキング参加中です。押してもらえると嬉しいです。


人気ブログランキングへ

↓こちらもお願いです。


生き方 ブログランキングへ


日記・雑談(40歳代) ブログランキングへ

ありがとうございます。