読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

また会う日まで

40代半ばで夫と死別。人生についての気づきを感じるままに。

生きて残された者の宿命について

今月も命日のお墓参りを終え

その帰りの車中で考えたことを記しておきます。

 

私は日常の足として車を運転します。

免許証はゴールドで、

かれこれ20年以上、無事故無違反です。

 

それでも

夫は私の運転を嫌い、

二人で出掛けるときは

必ずと言っていいほど夫が運転していました。

 

夫が突然意識を失ったとき

この日に限って運転は私だった

もし、いつもどおりに夫が運転していたとして、

その運転中に気を失っていたら・・・

 

考えても仕方がないことかも知れません。

死にたかったとも死にたいとも

思っていませんが、

取り残された感は拭えません。

 

今ある事実

生きて残された私は

未亡人として

この生涯を歩み続けるということ。

この宿命についての探求が課題となりました。

 

天気が良くないせいでしょうか。

暗~い記事になってしまいましたよ。

 

 ↓ランキング参加中です。押してもらえると嬉しいです。


人気ブログランキングへ

↓こちらもお願いです。


生き方 ブログランキングへ


死別 ブログランキングへ


日記・雑談(40歳代) ブログランキングへ

ありがとうございます。