また会う日まで

40代半ばで夫と死別。人生についての気づきを感じるままに。

悲しみに溺れてボロボロにならないための教え

愛する人との死別 こればかりは経験してみないと わからない感情でしょう。 私自身、知り合いの年配女性が 随分前にご主人を亡くされ、 未亡人であることを知っていましたが、 その方の気持ちまで知ることはできませんでした。 ある日突然に 愛する人が亡く…

呼吸法あれこれ

生きているあいだには いいこともあれば 辛く悲しいこともある と、知ってはいたけれど 『辛く悲しい』部分を真実として、 身をもって知ったのは 夫を亡くした時からでしょう。 私が本格的にヨガを始めたのは7年前。 その2年ほど前から同居を始めた 実母と…

ある日のこと

うつ病予防のため 天気の良い日は外に出て歩くようにしています。 つい先日、 セミの鳴き声を聞きながら歩いていましたら 左の地面に何やら影が映っています。 虫の影のようです。 『ハチかも!』と身構えて斜め上を見上げましたら 一匹のトンボが飛んでいま…

台風の午後

私の住む地域は台風が接近していて 朝から大雨でした。 昼過ぎに上陸か? という状況の中、車で外出。 美容院へ行ってきました。 朝のニュースで 不要不急の外出は控えるように と繰り返し言っていましたが、 言うほどたいしたことなかったです。 夫がいたら…

新盆 姿を変えて帰ってきた夫

13日の日暮れ 友人夫婦と共に 玄関前で迎え火を焚きました 砂盛に線香を供えた その瞬間 !!! 小指の先ほどの 小さな緑色のバッタが家の外壁にへばりつき、 次の瞬間 ぴょん、と飛んだかと思うと 玄関ドアに引っ付きました。 思わず皆で顔を見合わせて …

ヘルニアのその後

ottotosibetsu.hatenablog.com 整形外科の受診から3週間経ちました。 注射は絶対にしたくない、 と心に決めていたので ここは意地で頑張りましたよ。 与えられたコルセットを一週間腰に巻きつけ、 痛む部分は無理して動かさないようにし、 2度ほど牽引のリ…

持ち去られた手帳

新盆を目前に控えて準備を進めるなか 思い出してしまったこと。 当初から引っかかっていたのですが、 無理やり心にしまいこんでいました。 亡き夫の遺品を整理していた時に 持ち去られた手帳のことです。 夫が亡くなってまだ日が浅いころ 『知人から預かって…

もうすぐ半年経ちます

夫が突然死して、 一人で暮らすようになってから もうすぐ半年が経ちます。 新盆の準備に取り掛かるのは 一区切りのように感じています。 お坊さんの手配や親族、知人への連絡などを済ませ、 皆が集まるため、自宅の掃除や おもてなしの料理を考えたり 何か…

最近泣いた歌

もうすぐ リオデジャネイロ・オリンピックが開催されますね。 カーラジオで頻繁にかかっているのは、 安室奈美恵ちゃんの 『Hero』 ・・・今日も昼間に聴いて ジーンときてしまいました。 そして、 私も頑張ろう、と思いました。 この夏は オリンピックを観…

ストレス?身体の異変

魔の三連休も終わり おーやれやれ。 読書、ときどき散歩の日々でした。 さて、ここ最近気になっていたこと。 忙しさや寂しさに『かまけて』気がつかないフリをしていた 自分自身のカラダの痛み。 春が終わった頃から 右の臀部から足の人差し指にかけて 痺れ…

男気のある人生?

朝から図書館へ行き、 本をどっさり借りてきました。 この連休は引きこもることに決めています。 先日、新盆のための準備で、 提灯や回転灯など、ひと揃え買い物してきました。 それに付き合ってくれた友人と帰りに お茶した時の話しです。 『あなたの旦那さ…

同じ親から生まれた人

お見舞い行脚の日曜日続きです。 義兄は進行性のガンに罹患し、 月に2回、抗癌剤治療のため入院しています。 『こんばんは~』と声をかけ 病室の仕切りカーテンの端をめくると TVを観ている義兄の後ろ姿。 その後ろ姿が夫とそっくりで、ドキリとしました。 …

お見舞い行脚の日曜日

明日できることは 今日はしない主義でした。 夫を亡くした今は違います。 もし、明日の朝 目覚めなかったとしても 悔いのない今日1日を。 そう決めて、日々を送ることにしました。 今日は日曜日。 繁華街はファミリーやカップルで溢れていました。 街の一角…

日々移ろいゆく

夫を突然死という形で亡くしてから 空中にポーンと投げ出されたような そしてそのまま宙に浮いたように 今日まで生きてきました。 いまだに家の中で夫の面影を探してしまいます。 いつも座っていたダイニングの椅子 食後に寝転んでいたソファ 玄関で猫がジー…

生きて残された者の宿命について

今月も命日のお墓参りを終え その帰りの車中で考えたことを記しておきます。 私は日常の足として車を運転します。 免許証はゴールドで、 かれこれ20年以上、無事故無違反です。 それでも 夫は私の運転を嫌い、 二人で出掛けるときは 必ずと言っていいほど…

暑くなってきて気がついたこと

梅雨明けか? と、思うほど暑い1日でした。 午前中は図書館へ。 午後は日用品の買い物。 ここ最近になって 仏壇のお花がすぐに傷んでしまうことに 気がつきました。 朝、花瓶の水を替えても 夕方には濁ってヌルヌルしてしまいます。 そこでひらめいたのは …

夢中になれる時間も大事にしたい

午前中に 習い始めたばかりの バレエのお稽古に行ってきました。 超初心者の私に 辛抱強く教えてくださる先生と、 お仲間に励まされながら頑張っています。 大人バレエのクラスなのですが 自分の娘(いないけど)くらいの女子が 参加していて その、しなやかで…

気分が落ち込んだ時は躊躇せず助けを求める

立て続けに良くないことが起こり、 叩きのめされていました。 実母は数年前から老人ホームにお世話になっていて、 現在も入所中なのですが、 ここ最近、体調が思わしくなく 連日、ホームの職員から電話がきます。 毎週のように救急搬送されていて、 その度に…

葬儀にかかった費用を確認する未亡人

当時の感情は抜きにして クールに葬儀を振り返ります。 葬儀が終わると葬儀社から会葬者名簿が渡されました。 ご会葬くださった人の 名前、住所、故人との関係、香典の金額が、 記された帳面です。 エクセルできちんと名簿を作ろう、 そう思いつつ 今もって…

40代後半で習い事を始めた未亡人

お昼ご飯は先日作ったカレーです。 まだ残っています。今夜もカレーです(泣) ほんとは焼き魚が食べたいんですけど、 合わないですよね。カレーとは。 さて、趣味についてです。 数年前から 夫と休日のたびにテニスをしていたのですが、 もうそれはできなくな…

料理しながら考える未亡人

朝からカレーを作りました。 カレーって気をつけていても たくさん出来てしまうんですよね。 いつもの半分の量で作ったつもりが なぜか増量してるし。 これは何日かけて消費するんでしょう。 カレー臭のオバさんになってしまいます。 この他に、 切干大根の…

お金のことを考えると現実に引き戻される未亡人

この時期、 ポストには毎日のように請求書が届きます。 クレジットカードの請求や 固定資産税、市県民税、国民健康保険料などです。 夫が亡くなって、 保険金や遺族年金(微々たるものですが)が入りましたので、 当面は何とかなるだろう、 などと悠長に構えて…

未亡人は梅雨の晴れ間に草むしり

私の住む地域はすでに梅雨入りしていますが、 今日は朝からいい天気でした。 お出かけ日よりですけれど ファミリーやカップルが目の毒なので 日曜日は出かけません。 午前中に掃除、洗濯を済ませ、 午後は庭の手入れをしました。 裏庭は竹林に隣接していて、…

話し相手がいることは大事

4回目の月命日のお墓参りを済ませ、 あぁ、丸4ヶ月夫のいない日々を過ごしてきたんだな、 と改めて寂しさが募ります。 家には私ひとりと猫一匹。 絵にすると寂しげですが、 そうでもないんですよ。 猫を飼っていて良かった、と、今心底思います。 私が一方的…

捨てられないもの

3月に夫の四十九日の法要を終えて 徐々に家の中を整理し始めました。 徐々に、と言いましたが、 一気に、のほうが正しいかも知れません。 私は、片付けることで 気持ちを切り替えたかったのでしょう。 手始めは仕事関係の書類。 クローゼットに放り込んでい…

パンケーキの朝

普段、朝食はあまり食べないのですが、 今朝は無性にパンケーキが食べたくなって 朝早くからパンケーキを焼きました。 買い置きのパンケーキミックスで、 さっさっと作りました。 粉を水で溶いて焼くだけの簡単なものです。 甘い香りに負けて、 焼いているそ…

日曜日の未亡人

なんだかイヤラシイ響きですね。このタイトル。 ま、それは置いておいて、 今日は日曜日。 晴れていますが、天気は下り坂の予報です。 午前中に掃除、洗濯を済ませ、 昨日届いたばかりのヴィパッサナー瞑想のDVDを視聴。 誰でも変性意識体験できる三密加持瞑…

線香にこだわり始める

朝昼晩と仏壇にお線香をあげるのが 日課となったこの頃、 今までは葬儀社から貰ったお線香を なんの考えもなく使っていましたが、 ネットであれこれ見ているうちに 変えてみたくなりました。 今回買ったのはこれです。↓ 日本香堂 かゆらぎ 白檀 スティック40…

カラオケで泣かされる

先日お線香をあげに来てくれた 夫の友人の奥さんと仲良しになったので、 お世話になった居酒屋さんに お礼も兼ねて行っていきました。 小さな商店街の一角にある 家庭的な雰囲気の居酒屋ですが、 平日の夜なのに席は埋まっていて、 カウンターで飲みました。…

友情はプライスレス

百箇日も過ぎて 穏やかな日々を送っています。 夫は姿こそ見えないけれど いつもそばにいてくれている、 そんな気がしています。 生前、親交が深かった夫の友人数名が、 自宅にお線香を上げに寄ってくれました。 倒れて入院して亡くなるまで見届けてくれた人…

ひとりのドライブ

今日は用があって車を運転した。 いつもふたりで通った道を ひとりで走った。 「ねぇ、よくこの道通ったよね」 見えない夫に話しかける。 もちろん返事はない。 西日を浴びながら 川沿いの長い1本道を走っていたら たまらなくなって 涙があふれた。 車も 目…

40代男性に多い突然死について考える

toyokeizai.net ネットでたまたま見つけた記事です。 記事を読んで、 正直辛いですが、夫の死因について考えてみました。 「もしあなたが1日にコーヒーを4杯飲むか、栄養ドリンクを毎日のように常飲しているのだとしたら、突然死の危険が迫っているかもしれ…

国民年金の少なさに驚いた

夫を亡くしたばかりなのに 銭ゲバみたいなイヤなタイトルですね。 でもね、 本当に少なくて驚いたんですよ。 うちは自営業でしたので、 国民年金でした。 毎年一括払いでひとり20万弱を支払っていましたよ。 加入してから20年近くですからおよそ400万円。 子…

瞑想で心を整える

朝はヨガの瞑想をしています。 15分ほど何も考えずに呼吸を数えます。 天気が良い日は ウォーキングをしながらの瞑想です。 心が落ち着いてきます。 そして なるべく暇を作らないこと。 仕事を続けるのは良いことかもしれません。 私の場合、 自営業ですので…

同級生と複雑な再会

先日、数年ぶりに中学時代の友人2人と会った。 誘い出してくれた友人は、 久しぶりの電話で私の夫の死を知り、 かなり動揺していたけれど、 実際に案外元気な私を見て安心してくれた。 さて、もうひとりの友人は、 30歳を過ぎた頃からはじけてしまったよう…

お墓参りに行ってきました

ゴールデンウイークも終わりの今日、 お墓参りをしてきました。 月命日には欠かさずに行くことにしています。 そこには夫の骨が入っているのですが、 こんな冷たい石の中に閉じ込められているなんて、 生きていたら耐えられませんね。 なので、やはり魂は私…

愛しい人の誕生日に

先月、あなたの誕生日からタバコをやめました。 今までも、何度か禁煙したり、吸ったりを 繰り返していたけれど、 今度はキッパリやめれそうです。 タバコやめたら、体重も少しは増えるかな。 あなたがいなくなって、痩せてしまったよ。 そう、あなたの誕生…

帰ってきたヨッパライ

お酒が好きで、歌を歌うのも大好きだった夫。 好きなジャンルはロックだったけど、 私たちが生まれる何年か前のヒット曲で、 夫のマネするのが上手くて 大笑いしながら聴いていたっけ。 帰ってきたヨッパライ ホントに死んじまいましたので 洒落になりません…

たまらなく嫌なこと

夫が亡くなってから、 新しく芽生えた感情を持て余しています。 今日、休日のスーパーマーケットは行くもんじゃない、 と思い知りました。 何でって、 年老いたオッサンがウロウロしているからです。 *1 今まで何とも思わずに行き過ぎていた このオッサン達…

遺産分割 夫の想い

四十九日までに やらなくてはいけないことが たくさんありました。 仕事のことは、 夫の関係者がご尽力くださり、 ほとんどのことが片付きました。 納骨を済ませ、 残るは遺産の分割協議でした。 生前、お互いに遺言状をつくろう、 と言っていたのですが、 …

ひとりぼっちのGW

DAI語のようなタイトルになりました。 読んでそのまんま、 ひとりぼっちのゴールデンウイークです。 前回の記事からだいぶ間が空きましたが、 誰にも心配されず ホッとしています。 先日、あややのものまねをする芸人さんが 夫と同じような亡くなり方をされ…

ベットの上の夫は

救急の受け付けで待たされること小1時間。 着ていた服は縦に切り裂かれ、 靴やスマホなどの私物とともに渡された。 承諾書など書類にサインをし、病室へ。 意識は戻らないまま、 全身管だらけになった夫を見て涙が溢れた。 状態の説明は夫の親族を待って行…

この日に限って運転は私だった

普段どおりの朝だったと思う。 ただ、いつもと違ったのは、 起こさないと起きないのに、 この日に限って夫は自分で起きてきた。 自営の仕事場へ向かう車の運転はいつも夫だった。 ただ、この日は違った。 車のキーを私に差し出し、 「運転頼む」と言った。 …

絆 永遠に

今日は仏壇の前で泣いた泣いた。 もう存在しない肉体を求めて、 天井を見上げながら 「そこにいるなら、 私が見えているなら、 何とか言ってよ」 とめどなく流れる涙に意識を向けると、 冷静さを取り戻す。 ああ、私は寂しいんだ。 急に襲いかかるこの感情を…

1歩まえに

来月、百箇日を迎えます。 夫は意識を失ってから3日後、 一度も目を覚ますことなく、旅立ちました。 突然すぎて、 夢を見ているような日々でしたが、 現実を受け入れなくてはならないようです。 私は大丈夫だ、 そう言い聞かせて、あの日からひとり暮らして…